秋の食べ過ぎをおさえる10の法則

こんにちは。ビューティードア株式会社美容情報担当の北川です。

秋晴れの心地よい季節となりましたが『食欲の秋』を皆様いかがお過ごしでしょうか?秋の味覚を堪能しつつ、体形もキープしておしゃれも楽しみたいですよね。そこで今回はついつい食べ過ぎちゃうという悪い習慣を断つためにやるべきことを10か条にまとめてみました。

①お腹を空かせ過ぎないように気を付けましょう

お腹を空かせ過ぎるとその反動で食べ過ぎてしまいがちです。食事の間が長く空いてしまいそうなときはナッツ、ハイカカオチョコレート、ドライフルーツなどでお腹を少し膨らませましょう。

②食前にスイーツを食べてしまうのも一つ

スイーツが特に美味しく感じるこの季節。スイーツが無性に食べたくなる時がありますよね。たまには我慢せず食事の前に食べてしまうのもアリ!自然と食欲も落ち着き、食べ過ぎをおさえることができます。

③水分をしっかりと取りましょう

スープやお味噌汁などのお汁物を加えたり、 食事に水分の多い食材やメニューを取り入れていきましょう。水分をしっかりとれば、空腹感を満たすことができます。

④睡眠不足は大敵です

睡眠時間が少なくなると、食欲を増進させる「グレリン」というホルモンがより分泌されるといわれています。また疲れているとストレス発散のためどうしても食べてしまいがち。きちんと睡眠を取って規則正しい生活をしていくことが正しい食生活にもつながっていきます。

⑤一食に6つの味をとり入れましょう

一食に「甘味・酸味・塩味・辛味・渋味・苦味」の6つの味をとり入れていきましょう。自然な満足感が得られます。様々な味が空腹感を満たしていきます。

⑥食物繊維とたんぱく質をしっかりと

お米や麺、パンなどの炭水化物ばかり食べてもなかなか満足感を得られません。きちんと食物繊維とたんぱく質を組み込み、偏った食事を避けましょう。

⑦食事中のアルコールは避けましょう

食事中のお酒は食欲を増進させてしまいます。またダラダラと食べてしまいがち。食べ過ぎをおさえたい時には食事中のお酒はできるだけ控えましょう。

⑧食事は心を落ち着かせてからゆっくりと

慌ただしいままの食事は食べ過ぎにつながります。早く食べてしまうのも健康に良くないとされています。心を落ち着かせ、ゆっくりとよく噛みながらの食事を心がけましょう。

⑨料理を美しく盛り付けておしゃれなテーブルセッティングを

きれいに盛り付けされたお料理やおしゃれなテーブルセッティングによって視覚からも満足感を得られます。自然と心に余裕もでき、食べ過ぎずお料理を楽しめるはず。

⑩食事の終わりはきっちりと決めましょう

ダラダラとずっと食べてしまうと、いつの間にか食べ過ぎてしまいます。食事のエンディングはきっちりと決めましょう。

以上10か条、食べ過ぎが気になる方はどうぞ実践してみてくださいね。

**サロン様、メーカー様**

オリジナル化粧品をお考えでしたら、なんなりとご相談ください。

ビューティードア株式会社 ・営業部【Tel:0721-24-6233】まで、 お問い合わせお待ちしております 。



美容師さんに聞いたサラサラになるシャンプーの仕方

初めまして、ビューティードア株式会社美容情報担当の北川です。
初めての投稿のため読みにくい点があるかと思いますがご容赦下さませ。

髪の毛が絡まってまとまらないことはありませんか?

私事ですが髪型はロングのことが多く、昔から度重なるカラーに健康的とは言えない髪質だったのですが、ここ最近は白髪染めが始まり以前に比べパサパサな髪質なってきてしまいました。

もう切るしかないのかな?と諦めかけていたところ美容師さんに軽く相談してみるととっても簡単に髪質改善できるシャンプーの仕方を教えてもらいました♡

安価なリンスでも大丈夫。

シャンプーをする前に髪先にリンスをつけましょう!
いつも使っているリンスではなく安価なものでも大丈夫です。
たっぷりの量のリンスを髪先につけて、それから頭皮に近い部分を中心にシャンプーで洗っていきます。

後は普通にシャンプーとリンスを流し、その後リンス、もしくはトリートメントをしてきましょう。
髪先はどうしても傷んでいる部分のため少し長めにリンスを浸透させてあげることでしっとりとした髪質になるそうです。

2週間ほどで効果が見られました!

個人差はあると思いますが私の場合は2週間ほど続けると指通りが悪かった髪質がサラッとまとまるようになりました。

とっても簡単なのでぜひ皆さまも試してみて下さいね。

**サロン様、メーカー様**

オリジナル化粧品をお考えでしたら、なんなりとご相談ください。
ビューティードア株式会社 ・営業部【Tel:0721-24-6233】まで、 お問い合わせお待ちしております 。

場所別・大人ニキビの原因

こんにちは。ビューティードア株式会社美容情報担当の山本です。

季節の変わり目の影響か、最近食べ過ぎているせいか、もしくはマスクをつけっぱなしにしているせいか、筆者はこの頃吹き出物ができやすくて困っています。

そこで今回は、大人ニキビができる場所別に、原因と対策をご紹介します。

**おでこ**

上部…膀胱・シャンプーのすすぎ残し
下部…ストレス・睡眠不足

食生活が乱れていたり、お酒を飲み過ぎていると膀胱に影響が出るため、おでこの上部にニキビができやすくなります。肝臓が疲れている場合はさらにかゆみが伴います。
生え際にできやすい場合は、シャンプーがすすぎ残しが原因の場合もあります。
ストレスや睡眠不足はおでこ下部のニキビの原因になります。
食生活を整えしっかり睡眠を摂ることで改善が期待できます。軽めのファスティングをして腸を休めることもおすすめです。

**鼻**

心臓・胃・毛穴汚れ

高血圧の人、空気の悪い場所で長時間過ごしている人は心臓などに負担をかけやすく、鼻ニキビの原因になります。
消化不良、胃もたれなど胃の機能低下が見られる人も鼻ニキビができやすいです。
また、鼻は皮脂の多い場所なので毛穴の汚れや詰まりによってもニキビができやすくなります。
運動で汗をかき体内の毒素の排出促したり、食べ過ぎや飲み過ぎに注意することで改善が期待できます。

**頬**

肺・肝臓

喉の痛みにある人、風邪の人など肺機能が低下している人は頬にニキビができやすくなります。煙草や空気が汚れた環境も肺に負担がかかります。
また、糖質や脂質の摂りすぎも頬のニキビの原因になります。
空気の清浄を心掛け、呼吸が浅くならないようにしましょう。
緑黄色野菜を摂るようにし、身体を冷やさないように心がけることで改善が期待できます。

**口まわり**

油っこいものや甘いものの摂りすぎ、お酒やカフェインの摂りすぎなどで胃が荒れているとビタミン不足になり、口のまわりにニキビができやすくなります。
胃をあたため、胃に負担のない食事を心掛けることで改善が期待できます。

**顎**

腎臓・生理前

足のむくみや疲れやすさなど、腎機能の低下で顎にニキビができやすくなります。
また、生理前にニキビができやすいのもこのエリアです。
慢性的に顎ニキビがある人は、生理不順や婦人科系機能が弱っていることが関係している場合があります。
水分補給を心掛け、体を冷やさないようにしましょう。

**フェイスライン**

婦人科系トラブル・ホルモンバランスの乱れ

一度できると治りにくいのがフェイスラインのニキビです。
ホルモンバランスが乱れたり、婦人科系の疾患によってできやすくなります。
また、冷えや肩こりが原因の場合もあります。
身体を芯からあたため、ストレッチなどで巡りの良い身体を目指しましょう。

**原因は他にも…**

原因や対策をいくつか書きましたが、改善されない場合は全く違う原因が考えられる場合もあります。
毎日の洗顔で顔を強くこすりすぎていたり、すすぎ残しがある場合、
枕カバーやシーツが清潔でない場合、
ニキビが気になり清潔ではない手で触りすぎている場合などです。

バランスの良い食事や十分な睡眠が摂れている場合は、洗顔方法の見直しをしてみたり、枕カバーを清潔なものに交換してみるのも良いかもしれません。

**サロン様、メーカー様**

オリジナル化粧品をお考えでしたら、なんなりとご相談ください。
ビューティードア株式会社 ・営業部【Tel:0721-24-6233】まで、 お問い合わせお待ちしております 。

セルライトケア

こんにちは。ビューティードア株式会社美容情報担当の山本です。

いきなりですが皆さま、太もも裏やお尻、お腹などにできるぼこぼことした凹凸、『セルライト』にお悩みではありませんか?

一度できてしまうとダイエットをしてもなくすのが難しいセルライトですが、
なんと日本人女性の8割以上がセルライト持ちと言われているそうです。

セルライトとはひとことで言うと、脂肪細胞のこと。

皮下組織の内側にある脂肪細胞に、余分な老廃物が蓄積することでできてしまうそうです。
脂肪細胞は皮膚のすぐ下にあるため、セルライトが肥大化することで肌表面まで押し上げ、見た目にも影響が出てしまいます。

セルライトケアというと、マッサージやエステを思い浮かべる人が多いと思いますが、今回はマッサージ以外のケア方法をご紹介します。

**セルライトができる原因**

◎肥満
もともと肥満の人は血管やリンパが脂肪に圧迫されて血の巡りが悪くなりやすいため、セルライトができやすくなります。

◎運動不足
運動不足で脂肪が燃焼されないと、代謝の低下や血行不良に繋がり、太りやすい体質になってしまい、当然セルライトもできやすくなります。

◎脂質や糖質の多い食事
油っこい食べ物、塩分の多い食事、糖質の多い食べ物などは、摂りすぎると脂肪のもとになり、セルライトができやすくなります。

◎睡眠不足
睡眠不足になると食欲が増し、血行不良になり、セルライトができる原因につながります。

◎喫煙
喫煙をすると血管が収縮し血行が悪くなります。常習的に喫煙している人は体が冷えやすいため痩せにくく、疲れやすい体になってしまいます。

◎ホルモンバランスの乱れ
セルライト以外にも様々な不調の原因になります。

**セルライトケア①運動**

残念ながら、セルライトは運動しても燃焼してくれません。

ですが、セルライトのある部分を鍛えて筋肉量を増やせば、目立たなくすることは可能です。
多くの女性が悩むお尻や太もものセルライトには、ヒップリフトやスクワットなどの筋トレがおすすめです。

セルライトを除去したい場合には、有酸素運動もおすすめです。
スイミング、ジョギング、ウォーキングなどは、脂肪燃焼効果、代謝アップが期待できます。

**セルライトケア②食事**

油っこい食べ物や、塩分の多い食事、食べ過ぎなどは脂肪がつきやすくなるため控えたほうが無難です。
ですが、極端に食事を減らすのも老廃物がたまりやすくなるため逆にセルライトがつきやすい身体になってしまいます。
食べ過ぎず、減らしすぎず、規則正しい食生活を心掛けましょう。

◎カリウムを摂る
昆布、わかめ、切り干し大根、ほうれん草、里芋、キュウリ、アスパラガス、水菜などに多く含まれています。
体内の余分な水分を排出してくれます。

◎水分をこまめに補給する
一日1.2リットルが理想です。 冷たい水だと内臓が冷えてしまうので白湯がおすすめです。
代謝を上げ、体内に滞った毒素を排出してくれます。

◎ビタミンB群を摂る
大豆、納豆、レバー、豚肉、カツオ、鮭などに多く含まれています。
脂質や糖質の代謝に必要な栄養素です。

**セルライトケアには根気が必要**

すぐにはじめられるセルライトケアをご紹介しましたが、セルライトケアは簡単ではありません。
一度できるとなかなか消えてくれないセルライト。
これ以上増やさないためにも、できることからはじめてみましょう。

**サロン様、メーカー様**

オリジナル化粧品をお考えでしたら、なんなりとご相談ください。

ビューティードア株式会社 ・営業部【Tel:0721-24-6233】まで、 お問い合わせお待ちしております 。

食欲の秋

こんにちは。ビューティードア株式会社美容情報担当の山本です。

つい先日まで暑い暑いと言っていたのに、ここ数日は涼しく過ごしやすい日が続いていて、秋の訪れを感じませんか?

秋は、湿度が下がり暑すぎず寒すぎず快適で、重ね着を楽しめたり、汗や湿気を気にせずメイクやヘアスタイルを楽しめたり、好きな人も多いのではないでしょうか。

ですが、秋は食欲が増してしまう季節でもありますよね。
なぜかお腹が空きやすいうえ、美味しい食べ物も多く、ついつい食べすぎて後悔してしまうことも…

なぜ秋になると食欲が増してしまうのでしょうか。

**食欲が増す理由**

◎ 暑さや夏バテで低下していた食欲が涼しくなり自然に回復するため 。

◎外気温が下がり、 体温を保持するために熱産生が高まり基礎代謝が上がるため。

◎寒い冬に向けて栄養を蓄えようとするため。

◎精神安定作用がある脳内の「セロトニン」が減少してしまうため。

◎美味しい食材がたくさん出回るため。

など理由は諸説あるそうです。

**食欲の秋を上手く乗り切るには**

◎身体を温めてくれる旬の食材を食べる。
  しょうが、れんこん、ごぼう、にんじんなどを積極的に摂取して身体を内側から温めましょう。

◎たんぱく質を摂取する。
  たんぱく質をしっかり摂取することで満腹感を得られるうえ、食欲を抑制するホルモンの分泌にも関わっています。

◎軽い運動でセロトニンの分泌を促す
  日照時間が短くなりセロトニンが減少すると、食べることでセロトニンの分泌を促そうとします。
 ですが30分程度のウォーキングやスロージョギングなどの軽い運動でもセロトニンの分泌量が増えると言われているので軽い運動をすることで過剰な食欲を抑える効果があります。

**秋を楽しく**

秋は美味しいものがたくさんあり、オシャレも楽しめて、スポーツにも最高の気候です。

食欲が増してしまう理由を理解し、普段より少し気を付けることで魅力的な秋を楽しみたいですね。

**サロン様、メーカー様**

オリジナル化粧品をお考えでしたら、なんなりとご相談ください。

ビューティードア株式会社 ・営業部【Tel:0721-24-6233】まで、 お問い合わせお待ちしております 。