お勧めのシャンプー方法

こんにちはビューティードア株式会社・美容情報担当関藤です。

前回は美髪美人になるためのサロン専用シャンプーについて書かせていただきました。

そうです。ビューティードアでは化粧品のみならずシャンプーまでOEMでお作り出来るのです。

良いシャンプーを使っても、正しいシャンプーが出来ないと効果は半減します。

お勧めのシャンプー方法をご紹介します。

**シャンプー前にブラッシング**

皆さんはシャンプー前にブラッシングしてますか?

髪を乾かすときにブラッシングしても、シャンプー前にブラッシングする人は少ないと聞きます。

髪が絡んだ状態でシャンプーすると髪を痛めてしまいます。

特に乾燥している時や外で過ごす時間が長かった時などは念入りにブラッシングしてください。

その際、オイル・トリートメントをたっぷりつけてブラッシングすると効果はさらにアップします。

**オイルパック**

度々お勧めで紹介しています。

髪の「オイルパック」。

これは一度お試しください。乾燥気味の方は一度でサラサラ感を実感できると思います。

1、髪にたっぷりのオイルトリートメントを塗布

ベタベタするくらいがちょうどいいです。

頭皮ではなく、毛先を中心に塗布してください。

2、ラップで髪を巻く

3、その上から蒸しタオルで巻く

4、お風呂で本を読んだり音楽を聴いたりしながら半身浴を楽しむ

**しっかりと洗い流す**

まずは熱くないぬるめのシャワーでしっかりと洗い流します。

この時に髪を湿らす程度に濡らすだけの人もいますが、しっかりと流してください。シャワーで汚れを落とすイメージです。

髪に何もつけていない時でもしっかりシャワーで流しましょう

**いよいよシャンプーです**

しっかりと汚れを落とすようにシャワーが出来たなら、いよいよシャンプーです。

頭を垂れて俯いた状態でシャンプーしている人いませんか?

頭はしっかりと上げ、前を向いた状態でシャンプーします。

少し上を向くくらい顔を上げます。

**シャンプーは頭皮**

シャンプーを手に取り、少し泡立てたら頭にそのシャンプーを載せる。

この時に毛先ではなく、頭皮をしっかりゴシゴシ洗いましょう。

爪はたててはいけません。

毛先はもみこんだり、こすったりしないでください。

頭皮を十分泡立てたシャンプーでしっかりゴシゴシ洗います。

※爪は立てないで、指の腹でゴシゴシ洗う。

**シャワーで流す**

十分ゴシゴシ洗えたなら、次はシャワーで十分にシャンプーを残さないように洗い流してください。

この時も温めの温度で。冷たいお水も熱々のお湯もNGです。

**トリートメント**

トリートメントはシャンプーと逆です。

トリートメントは頭皮にすりこまずに、毛先に揉みこみます。

この時、毛先をすり合わせたりせずに、毛先に揉みこみます。

しっかりと優しくモミモミしてください。

**洗い流す**

トリートメントを揉みこんだ後は、シャワーで流す前に身体を洗います。

身体を洗っている時間はタオルで巻いてボディーシャンプーが髪に付かないように気を付けながら、トリートメントを揉みこんだ状態で放置します。

その後、洗面器に髪を入れた状態で流します。

洗面器にたまったお湯はもう一度頭からかぶります。

その後、シャワーでヌメヌメが無くなるまで洗い流します。

**しっかりと乾かす**

例え寝る前だからと言ってちゃんと乾かなくても良い訳はありません。

濡れたまま眠ると髪を痛めるばかりか、カビが生えると聞いたこともあります。

**サロン専用シャンプーはOEMで**

サロン専用シャンプーもOEMでお作りします。

サロン様、メーカー様、髪質に合わせた提案ができるようなシャンプーをOEMでお作りしませんか?


ビューティードア営業部【Tel:0721-24-6233】までお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。