チークの付け方

こんにちは。ビューティードア株式会社・美容情報担当関藤です。

化粧をしてもチークはつけないと言う方、時々いらっしゃいます。

その理由は、化粧が濃く見えるから。

若い時からつけないから。

とのこと。

逆ですよ~

アイシャドーは付けなくてもチークは付けましょう。

若い時は付けなくても30代からは必須アイテムです。

**チークのメリット**

チークを付けるメリットは、一番に顔色が良く見えます。

健康的に見えます。

チークを付けている時と付けない時では、付けている時の方が断然若く見えます。

シミやそばかすも目立たなくなります。

ほんのり色づいた頬は、大人の色気があります。

ふんわり丸く入れると女の子らしく可愛くなります。

**チークの付け方・ポイント**

ニコッと笑ったときにできる山(頬骨の一番高いところ)がポイントです。

付属のチークブラシでも可能ですが、出来たら大き目のチークブラシを使います。

そうすることで、「ふんわりチーク」も「ほんのりチーク」も簡単に作れます。

付属のチークブラシだと一箇所にしっかり付いてしまい、濃いイメージや野暮ったいイメージになりがちです。

**可愛い系チーク**

可愛く見せたいなら、このポイントに丸くふんわり入れます。

20代~30代前半の可愛い系女子におススメ。

付け過ぎると野暮ったくなるので付け過ぎ注意です。

**大人チーク**

大人のメイクなら、このポイントをよりも絶対に下には付けない。

ポイントよりも上、目の下の辺り(クマが出来るところよりも下)からこめかみにかけて楕円形に入れます。

この時、目の下のクマが出来る辺りにはコンシーラーを付けてワントーン明るくすると更に良い感じに仕上がります。

**こめかみチーク**

こめかみにうっすらチークを斜めにいれるとセクシーに仕上がります。

ただし、付け過ぎると昔のヤンキーメイクになってしまうのでご注意ください。

**付け過ぎた場合は? **

チークに慣れない間は、ついうっかりつけ過ぎてしまうことってありますよね。

そんな時は、そっとティッシュオフします。

こすらず、ポンポンと叩く感じです。

ゴシゴシ拭き取らずに、ポンポンと叩いてください。

出先や旅行先で大きなブラシが無く、付属のチークブラシを使ったときもティッシュオフで微調整してください。

大きめのフェイスブラシをお持ちなら、フェイスブラシでぼかすと◎。

** 肌荒れの時は? **

ニキビや吹き出物がある時は、出来るだけそっとしておくのが一番です。

肌荒れ・ニキビ・吹き出物の無いお肌につけましょう。

**メーカー様、サロン様 **

肌荒れ・ニキビ・吹き出物から守るお肌を作る為の、良質な化粧品をオリジナルでお作りしませんか?

ユーザー様のニーズに合わせたご提案・お見積りをご希望の際は、ビューティードア株式会社までお気軽にお問い合わせください。

【Tel:0721-24-6233】まで、 お問い合わせお待ちしております 。