眉の描き方

こんにちは。ビューティードア株式会社・美容情報担当山本です。

太眉、平行眉、下がり眉、細眉、アーチ眉…

時代や流行によって女性の眉の形は様々に変化してきました。

筆者は、細くてつり上がった安室奈美恵さんの眉に憧れ、眉毛を抜きすぎて生えてこなくなった世代なのですが、

筆者の学生時代とは違い、ここ数年は太目でナチュラルな眉がトレンドですよね。

ですが、トレンドの眉にすれば、誰でもオシャレで美しく見えるのかというと、残念ながらそれは違いますよね。

自分の顔のバランスや骨格に沿った最も自分に似合う眉、美しく見える眉を知ったうえで、トレンド眉に寄せていくことができれば、よりオシャレで美しい表情になれるのではないでしょうか。

そこで今回は、基本の眉の描き方をご紹介いたします。

**眉の黄金比**

まずは、一番お顔のバランスが良く見える眉の黄金比を知りましょう。

眉頭・・・小鼻の延長線上

眉山・・・黒目の外側の淵の延長線上

眉尻・・・小鼻と目尻を結んだ線の延長線上

これが一人ひとりのお顔に合った眉の黄金バランスです。

**細めのアイブローペンシルで毛を描き足す**

なりたい印象や骨格にもよりますが、基本の眉メイクは眉尻を一番濃く、眉頭が一番薄くなるように描くと美しく見せることできます。

なので、一番濃くなる眉尻から描きましょう。

一番薄くする眉頭から描き始めると、思いのほか全体が濃くなってしまうという失敗が起きやすいです。

細いアイブローペンシルで、毛の足りない部分に毛を一本一本足していくイメージで描いていきましょう。

生えている毛と同じ方向にペンシルを動かすことで、より自然に描くことができますよ。

**アイブローパウダーでグラデーション**

髪の色、瞳の色、パーソナルカラーなどで眉のカラーを選んだら、ペンシル同様一番濃くなる眉尻から色をのせていきましょう。

濃い眉尻~薄い眉頭に向かってグラデーションを意識してくださいね。

眉頭は濃すぎると実年齢よりも上に見えてしまうことがあるので、ぼかす程度にしましょう。

**眉ハサミや眉用シェーバーで仕上げ**

描いた眉のラインからはみ出している毛の長い部分があれば、ラインに沿って毛先を切りそろえて整えてあげましょう。

眉山の下やまぶたの上などにライン外の余分な毛があれば、その毛もシェーバーで整えます。

少しのことですが、これをやるのとやらないのとでは印象が大きく変わります。

眉ハサミや眉用シェーバーは、すっぴんではなく、眉を描いてから行う方がより美しい眉になれますよ。

ぜひ、試してみてくださいね。

**サロン様、メーカー様**

オリジナル化粧品をお考えでしたら、ビューティードアに何なりとご相談ください。

キレイなお肌を育てるには、まずは基礎化粧品から。

化粧品OEMのビューティードア株式会社 【Tel:0721-24-6233】まで、 お問い合わせお待ちしております 。