すぐできる夏バテ解消法

こんにちは。ビューティードア株式会社・美容情報担当の山本です。

毎日毎日ほんとうに暑いですね。

高温多湿な外の暑さ、室内の冷房の効きすぎ、その温度差などで身体に疲れやだるさを感じやすくなる時期ですよね。

今年はコロナの影響で、気分転換できる遠出や旅行、イベントも少なく気分的にも疲れを感じている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、簡単にできる夏バテや疲労感を解消する方法をご紹介します。

**夏バテの原因**

・暑い中での活動で体力を消耗し、食欲が低下してしまう栄養不足によるもの。

・たくさんの汗をかき、体内の水分やミネラルが不足してしまう脱水症状によるもの。

・暑さと冷房の温度差による自律神経の乱れによるもの。

・暑いからと、冷たい飲み物や食べ物ばかりを摂ってしまうことによる内臓の冷えによるもの。

などがあります。

身体の倦怠感や無気力、食欲不振、イライラ、頭痛やむくみ、下痢、寝つきが悪いなどの不調のある方は夏バテかもしれません。

**夏バテ対処法**

・こまめな水分補給。喉が渇いたと感じる前に飲むことを心掛けましょう。

・タンパク質、ビタミン、ミネラルを摂る。まぐろ、カツオ、レバー、豚肉、トマト、パプリカ、ズッキーニ、しょうが、みょうが、ねぎ、キノコ類などがおすすめです。

・夏でもしっかり湯船につかる。このブログでも何度も書いていますが、夏は身体、内臓が意外と冷えています。暑さで自覚がない方が多いかもしれませんが、この冷えこそが身体の不調につながっています。ゆっくりと湯船に浸かり、身体を芯から温めてくださいね。

・寝る時には部屋を暗く。寝る直前まで明るいところにいると自律神経の乱れにつながります。夕食後寝るまでは部屋の照明を少し落とし、寝る時にはさらに暗くするのがおすすめです。できればパソコンやスマホも寝る1時間前には見るのをやめるのが理想です。

・温かいものも食べる。ついつい冷やしそうめんやアイスコーヒーなど、冷たい食べ物や飲み物ばかり摂ってしまいますが、温かいものも摂るのがおすすめです。ランチに温かいお味噌汁もプラスする、冷房の効いた場所にいる時は温かい飲み物を飲むなど口にするものを少し意識してみてください。

・運動で体力をつける。ラジオ体操をする、ストレッチをする、エレベーターではなく階段を使う、一駅歩くなど簡単にできることからはじめてみてはいかがでしょうか。水分補給や休憩を忘れず熱中症に注意しながら、身体を動かし汗をかくことを習慣化できるといいですね。

**さいごに**

暑さ対策だけでなく冷え対策も忘れずに、夏を元気に乗り切りましょう。

**サロン様、メーカー様**

オリジナル化粧品をお考えでしたら、なんなりとご相談ください。

ビューティードア株式会社 ・営業部【Tel:0721-24-6233】まで、 お問い合わせお待ちしております 。