温泉と美肌

こんにちは。ビューティードア株式会社・美容情報担当関藤です。

秋ですね!秋と言えば?

「温泉!」です。

キレイ女子なら温泉大好きな方も多いですよね。

温泉で、よりキレイになる入浴方法のコツをご紹介します!

**入浴前に賭け湯**

入浴のマナーとして「かけ湯」は大切ですよね。

気になる部分にしっかり「かけ湯」してから温泉に入りましょう。

温泉に入る前に体を洗う人も多いと思いますが、石鹸で洗うのではなく、シャワーや温泉のお湯でさらっと流す程度にしてください。

キレイに洗いすぎると刺激が強すぎて温泉に負けてしまうこともあります。

**温泉にたっぷり浸かる**

まずは室内の温泉で体を温めてから露天風呂に入りましょう。

急に外気に触れるとお肌にダメージを与えかねません。露天風呂に入る時は、室内の温泉でたっぷりと体を温めて、潤わせてから露天風呂に入りましょう。

**次に髪を洗う**

シャンプーでしっかり髪を洗ったら、もう一度温泉で体を温めましょう。

小分けで温泉に入ると効果的なのです。

**体を洗う**

体がしっかり温まったら体を洗いましょう。

体を洗うときはタオルでゴシゴシ洗わずに、泡立てたボディーシャンプーで手のひらで優しく洗いましょう。

これは温泉に限らず、普段から気を付けましょう。

ナイロンタオルでゴシゴシなんて、キレイ女子には不向きです。

**洗顔のポイント**

クレンジングでお化粧をしっかり落とした後は洗顔です。

洗顔をする前に、温泉のお湯を桶に入れて温めた「蒸しタオル」を作りましょう。

その際、タオルは湯船につけてはいけません。

(タオルは湯船につけないのは温泉のマナーです)

その蒸しタオルを、顔に当てます。

やけどしないように、程良い温度に気を付けて。

蒸しタオルを乗せたお顔を気持ちいい程度にプッシュします。

目・ほほ・鼻など順番に気持ち程度にプッシュします。

その後、しっかり泡立てた洗顔料を手のひらで優しくマッサージする様に、包み込むように、優しく優しく洗います。

流すときは、温泉を使って(お水でぬるめに調整して)、しっかり流します。

**お水でキュッと**

その次に、冷たいお水で絞ったタオルをお顔に載せます。

そしてまた温めたタオルをお顔に載せます。

最後に、もう一度冷たいお水で絞ったタオルをお顔に載せます。

毛穴がキュッと引き締まりましたか?

**もう一度温泉に**

もう一度温泉に浸かりましょう。

**上がる時も温泉でかけ湯**

上がる時は、真水(お湯)のシャワーで温泉を流してませんか?

これはもったいないです。

せっかくの成分が流れてしまいます。

最後も温泉で「かけ湯」してください。

(温泉によってはきつめの成分で、しっかり洗い流さないといけないものもあります。温泉の注意事項に気を付けましょう)

**上がった後は、しっかり保湿**

化粧水・美容液・乳液やクリームなどで、しっかり保湿することをお忘れなく。

温泉から上がったら、出来るだけ早めに保湿ケアしてください。

これは普段からですが、入浴後3分以内に保湿!とも言われています。

**保湿ケアはオリジナル化粧品で**

「旅館オリジナルの化粧品」や、「温泉街の共同オリジナル化粧品」というのも良いのではないでしょうか。

ビューティードアでは小ロットからオリジナル化粧品をお作りすることが可能です。

お気軽に、ビューティードア 営業部【Tel:0721-24-6233】までご相談ください。 ご連絡お待ちしております