40・50代の肌を守るUV対策

こんにちは。ビューティードア株式会社・美容情報担当北川です。

気温も上がり日差しが気になる季節になってきましたね。

肌の悩みに加齢の悩みも重なる40代・50代のためのUV対策についてまとめます。

ついつい面倒で忘れがちな対策ですが美肌に向けてこまめにケアしていきましょう。

**紫外線のダメージ**

肌の老化の原因の80%は紫外線!紫外線は肌の大敵です。

紫外線がハリを保ってくれるコラーゲンやエラスチンを破壊し、シミ・シワ・たるみを招きます。

コラーゲンやエラスチンは加齢によっても減少します。

20代の頃と同じUVケアを行っていても紫外線の影響を受けやすくなっているんですね。

室内でも紫外線の影響を受けるためカーテンを開ける前にUVケアをするようにしましょう。

**日焼け止め**

日焼け止めに表記されているSPF、PAって何でしょう?

  1. SPF(UV-Bを防止)

Sun Protection Factorの略語で、UV-Bの防止効果があります。

数値が高いほど防止効果が高くなります。日本で販売されている最高値は50+。

UV-Bは皮膚の表皮にダメージを与え、シミ・ソバカスの原因となるものです。

  • PA(UV-Aを防止)

Protection Grade of UV-Aの略語で、PA+、PA++、PA+++、PA++++の4段階で表示されます。

「+」の数が多いほど、防止効果が高くなります。

UV-Aは皮膚の真皮にダメージを与え、シワ・たるみの原因となります。

**1年中のケアがマスト**

UV-Bのピークは日差しが強い5月~8月です。その時期にはSPFの数値の高い日焼け止めをお勧めします。

UV-Aは残念ながら季節を問わず、年間を通して多く振り注いでいます。

  • 日焼け止めを塗る
  • 日傘・帽子を使う

毎日のUVケアを習慣付けるようにしましょう。

**サロン様、メーカー様**

オリジナル化粧品をお考えでしたら、なんなりとご相談ください。

ビューティードア株式会社 ・営業部【Tel:0721-24-6233】まで、 お問い合わせお待ちしております 。

前の記事

春におすすめのいちご