美容に効く旬の夏野菜

こんにちは。ビューティードア株式会社・美容情報担当北川です。

お盆が過ぎてもまだまだ暑い毎日ですね。

旬の夏野菜で暑さによるダメージに打ち勝ちましょう!

カラフルな夏野菜パプリカ

見るだけで元気になるようなカラフルなパプリカ。

赤パプリカには、「ベーターカロテン」や「ビタミンC」が豊富に含まれています。

栄養満点で美肌効果も期待できますね。

また、赤い色素の成分である「カプサンチン」抗酸化作用やがん予防に効果が期待できます。

オレンジパプリカには、赤パプリカと黄パプリカ両方の栄養素がバランスよく含まれています。

赤・オレンジパプリカはほんのりと甘みがあり、黄パプリカは少しの苦みがあることが特徴です。

栄養素がすごいゴーヤ

独特の苦みが特徴で、主な産地は沖縄県。

「ビタミンC」が豊富で食欲促進や夏バテ防止に良いとされる野菜です。

心臓や筋肉機能を調整してくれる「カリウム」も多く含まれ、食事で取りすぎた塩分を尿中に排泄する働きがある為、高血圧の予防にも効果があります。

また苦みに含まれる「モモルデシン」が胃腸に働きかけてくれ食欲増進に役立ちます。

沖縄に長寿の方が多いのも納得ですね。

世界三大穀物の一つとうもろこし

野菜のカテゴリーからは外れますが、甘くて栄養素の高いとうもろこしも旬な食べ物ですね。

他の夏野菜と比べ糖質が高いですが、「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンE」「カリウム」「鉄」を多く含んでいます。

  • ビタミンB1:糖質をエネルギーに変え体を疲れにくくしてくれます
  • ビタミンB2:皮膚や粘膜、髪、爪などの細胞の再生に役立ってくれます
  • ビタミンE:強い抗酸化性作用があります
  • カリウム:塩分の摂り過ぎを調節するのに役立ち、むくみ防止効果があります
  • 鉄:貧血予防に役立ちます

健康野菜トマト

何といってもトマトには美肌効果のある「リコピン」が豊富に含まれています。

トマトの赤色成分「リコピン」には強い抗酸化作用がありお肌のしみやしわ予防に役立ってくれます。

「リコピン」は熱にも強く、加工しても効力を失うことがないことも特徴です。

「ビタミンC」「ベータカロテン」「食物繊維」も多く含まれています。

  • ビタミンC: お肌のハリ効果、しみを予防する美容効果があります
  • ベータカロテン:抗酸化作用あり
  • 食物繊維:便秘の予防、血糖値上昇の抑制、コレステロールの低下に効果あり

旬の夏野菜を美味しくいただいて、体の中からキレイになって暑い夏を乗り越えましょう。

**サロン様、メーカー様**

オリジナル化粧品をお考えでしたら、なんなりとご相談ください。

ビューティードア株式会社 ・営業部【Tel:0721-24-6233】まで、 お問い合わせお待ちしております 。

前の記事

お腹のたるみ解消法